特集02 これからの本屋
大型書店でもセレクト書店でもない、Titleが歩む独自の道

数ある独立系書店と呼ばれる本屋の中でも「理想形」と評されるTitle。開業から5年を迎えるTitleが地味荻窪の住民や、遠方から訪れるファンに愛される秘密を探る。

業界の外からやってきた独立系の本屋「BREWBOOKS」が
つくる 本との新しい関わり方

独自のアプローチで存在感を発揮する独立系書店。「麦酒(ビール)と書斎のある本屋」をコンセプトに掲げるBREWBOOKSは、何を武器に、どうやって個性を出しているのだろうか?

本の読める店「fuzkue」で、
読書と読書に最適な場所
について考える

本の読める店「fuzkue」(フヅクエ/初台、下北沢)は、読書に最適化された場所として唯一無二の個性を持つ。本屋ではないものの、本を巡る商いとして、多くのヒントが得られるはずだ。

※当サイト「ミライのアイデア」のテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます

(C) Byakuya-Shobo Co.Ltd All Right Reserved.