ヤバい営業術2000-1000-02.jpg

あなたが“売れない"のは、相手の心が読めないから

4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg

5つの質問に答えてみてください。もしYESが1つでもあれば、あなたは“売れない人"もしくは “売れなくなる人"です。営業はつらい、なかなか成果が出ない、環境が変われば自分はもっと力を発揮できるーーそう思っているでしょう。しかし、営業は実はこれほど成果が出やすい職種はない!と断言できるほどの、本来は“ラク"な仕事なのです。年収1000万円だって、段階を踏んで取り組めば、すごく現実的な数字です。

ビジネス心理学を営業に生かす!

営業がラクな仕事と言い切れる力をつけるために必要なことは、"相手の心を読む"ことです。本書では、その方法として人の心を読み解く「ビジネス心理学(エゴグラムほか)」をお伝えします。誰でも理解しやすい解説に加えて、よくある事例もレベル別(初級、中級、上級)に掲載。

sample90-91.png

ビジネス心理学を営業に生かす!

エゴグラムとは「交流分析」と呼ばれる性格を分析する手法。エリック・バーンというカナダ出身の精神科医が1957年に提唱しました。日本に持ち込まれたのは1990年代(諸説あり)。ビジネス心理学に応用され、多くの成功者を輩出しています。簡単に言うと、性格診断テスト。人間の心を5つのエネルギー(CP、NP、A、AC、FC)に分類し、性格診断テストでどのエネルギーが強いかを調べることで、自分と相手の行動パターンを知り、そのつど適切な対処方法を取ることができるようになります。

CP.jpg

目次

序章  なぜ、あなたは売れないのか?
第1章 エゴグラムで人の心を理解する
第2章 【初級】相手に合わせてベストな対応を取る
第3章 【中級】自分の価値を高める
第4章 【上級】年収1000万円の壁を超える

著者プロフィール

写真.jpg

網谷洋一(あみたに・よういち)

人間力コンサルタント(R)
(株)日本中央総研専務取締役。
(合)網谷総研代表。
昭和55年5月5日、大阪生まれ。大学卒業後、メガバンク等での金融コンサルティングを経て、28歳のときに独立。31歳で(株)日本中央総研を共同設立、36歳で(合)網谷総研を設立。金融商品の販売だけでなく、経営者や管理職、若手社員に対しての研修、企業でのセミナーや講演活動、自らが講師を務める「人間力アカデミー(R)」の運営を通して、人間力コンサルタント(R)のブランド価値向上を目指し、日々挑戦し続けている。